生理痛はないのがあたりまえ??

 

生理がある女性で、生理痛がある方は多くいらっしゃいます。

程度にもよりますが、激しい痛みの場合は、救急車で運ばれるほどの痛みを訴える方も。

生理の時に起こる症状で、日常生活に支障をきたすような場合は、「月経困難症(げっけいこんなんしょう)」と呼びます。

 

月経困難症の場合、

生理の直前、あるいは開始とともに症状が発言し、生理終了前あるいは終了とともに症状がなくなります。

本来は、生理痛はないのがあたりまえ。

 

体質から体を変えることで、生理痛を少なくすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 生理痛の起こる原因とは?

生理が始まると、子宮内膜より「プロスタグランジン(PG)」という、痛みを起こす物質が産生されることで痛みが起きます。

また、プロスタグランジン(PG)が多量に分泌されることで子宮を過度に収縮させてしまうことで

子宮の痙攣(けいれん)や子宮の筋肉の虚血(血液が一時的に不足すること)により起こると考えられています。

 

 

※子宮内膜でのPGの合成は、プロゲステロン(黄体ホルモン)により調節され、生理期に最も多く分泌されます

(プロゲステロン(黄体ホルモン)とは女性ホルモンの一種)

 

 

また、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などがひどい生理痛を起こしている場合もあります。

子宮内膜症などが超音波などで見えるところにあるかどうかを確認するため、

婦人科を受診したことがない方は、検査をしてみることも良いと思います。

 

 

  • 生理痛の病院での治療

・NSAIDs(エヌセイズ)とよばれる解熱鎮痛剤の服用

・筋肉の収縮を緩める「ブチルスコポラミン」の服用

・低用量ピルの服用

・子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症などの原因が分かっている場合は、

 手術などでの筋腫の摘出、ピルの服用など

 

 

  • NSAIDsの作用

解熱、鎮痛、抗炎症作用などがあり、リウマチ、歯痛、頭痛など、様々な痛みに使われます

 

 

  • NSAIDsの種類  (かっこ)の中は商品名です

アスピリン(バファリンA など)

ポンタール

ボルタレン

エテンザミド(セデスファースト、ノーシン など)

イブプロフェン(イブA、エルペインコーワ、リングルアイビー、セデスキュア、ノーシンピュア、ノーシンエフ200 など)

ロキソニン(バファリンEX、ロキソニンS など)

など

 

 

喘息患者の方にはNSAIDsの内服によって喘息発作が誘発される患者さんがいます。

成人喘息患者の約10%にこのような症状があると報告されており、以前はアスピリン喘息と呼ばれていました。

アスピリン以外のNSAIDsでも症状が誘発されることから、現在ではNSAIDs過敏症という名称が好まれています。

NSAIDs過敏症には、大きく喘息型と蕁麻疹型があります。

いずれの症状もNSAIDs服用後30分から数時間以内に発症します。

NSAIDs過敏症の方は、NSAIDsと作用機序が違う「アセトアミノフェン」は安全に使用することができます

 

NSAIDsの副作用:胃腸障害・腎障害

 

特に、副作用で胃痛などの症状がでることが多いのがNSAIDs。

服用する際は、何か少しでも食べてから薬を飲むことで副作用を軽減することができます。

 

 

  • アセトアミノフェンはNSAIDsではないが、生理痛には効果あり (小中学生でも比較的安心して飲める)

アセトアミノフェンは、解熱・鎮痛効果はありますが、抗炎症作用はほとんどありません。

 

アセトアミノフェンの商品(タイレノール、ラックル速溶錠、小児用バファリン、バファリンルナJ、

              セデスファースト、小中学生用ノーシンピュアなど)

 

アセトアミノフェンの副作用:肝障害

 

  • 2種類の痛み止めが配合されている商品

イブプロフェン+アセトアミノフェン → バファリンプレミアム、バファリンルナi

アセトアミノフェン+エテンザミド → 新セデス、ナロン錠、ノーシン、セデスファースト 

イブプロフェン+エテンザミド → ナロンエース 

 

 

  • ひどい生理痛の時の対処法

・自分に合った痛み止めの服用

・下腹部を温める(ゆたんぽ、カイロなどをあてる)

・横になる

・自分の好きな香り(アロマオイルなど)をかぐ

 

 

  • 生理痛が起こる体質を変えるには?

・バランスの良い食事(甘いものを食べ過ぎない)

・睡眠をしっかりとる(12時までには寝る)

・リラックスしてストレスをためないようにする

・体を冷やさない

・漢方薬の服用

 

食生活の改善などでも体質は変わっていきますが、とても時間がかかります。

早く体質改善されるようにサポートしてくれるのが「漢方」です。

 

当店では、日常でできる食生活のポイントなども

ご相談の中でお伝えしています。

 

女性の専門スタッフが、丁寧にご説明致します。

 

ご相談ご希望の方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

ご予約のお電話 048-761-2030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいお茶をご用意してお待ちしております。

 

 

 

参考:日本ペインクリニック学会、滋賀医科大学HP